酸洗いの目的とは?大きく分けて3つあります


金属の表面を洗浄することで外観が美しく

酸洗いの目的の一つは、金属の表面を洗浄して見た目を綺麗にすることです。金属加工を行う際に発生する溶接ビードの変色、熱処理で起こる黒皮、もらい錆や油汚れといった不純物全般を除去して、製品の品質を向上させることができます。鉄金属製品でない場合、例えばステンレス、チタン、アルミニウム等は最終工程として酸洗いを行って出荷するケースが多々あり、外観を美しくすることに重要性が求められています。

加工処理前におこなう下処理として

酸洗いの2つ目の目的は、メッキ工程や塗装工程といった加工処理前の下地処理として酸洗いを行います。これをすることで密着が良くなり脱脂もかねることができます。酸洗いをした後は表面が少しザラザラした仕上がりになり、油分などの不純物も除去されてメッキ、塗料が格段に塗りやすくなるのです。さらにショット加工の下地処理だけでなく切削時に表面を綺麗にするためにも使われます。

表面被膜を再形成するための処理

酸洗いの3つ目の目的は、表面被膜の再形成です。ステンレス製品に不動態化処理を行い、錆がつきにくいステンレス本来の素材に戻します。ステンレスがなぜ錆びに強いかと言うと、表面に見えないわずか数nmの極薄の膜が形成して保護しているからです。この膜は「不動態皮膜」「不動態被膜」「酸化被膜」などと呼ばれています。ステンレスは素材そのままの状態では膜は維持されますが溶接や切断といった熱や傷が加えられることにより膜が破壊され錆がつきやすくなります。その膜を再形成するための処理法が酸洗いとなるのです。

金属表面は小さな凹凸がいくつも存在しており、塗装やコーティングをした場合に表面の凹凸が目立つ場合があります。そのため事前に酸で表面を平らに処理することを酸洗いと呼びます