メリットや新規事業の始め方とは?フランチャイズについて知ろう!


フランチャイズとはどのようなものか?

フランチャイズとは、法人や人がフランチャイズに加盟し、本部からお店の看板やサービスの権利をもらうことです。フランチャイズ加盟店のオーナーは、対価としてフランチャイズ本部に報酬を支払います。フランチャイズは成功事例のある店舗のオーナーになれるため、比較的成功しやすいです。通常の開業をした場合5年生存率は25%ですが、フランチャイズは70%以上の店舗が存続できています。

フランチャイズのメリットとデメリット

フランチャイズのメリットは、本部のブランド力を利用できることです。すでに有名店の場合、開店から集客が見込めます。また、本部で宣伝などの広告を出してくれることもあり、宣伝のコストも抑えられるでしょう。集客支援が受けられることもメリットです。研修会などを開催し、本部から経営や接客のノウハウが学べます。さらに、未経験からでも参入でき、経営や店舗作りをアドバイザーから助言してもらえます。フランチャイズのデメリットは、ロイヤリティを支払うことです。継続して支払うので、経営が悪化した時は資金繰りに困る可能性があります。運営はマニュアル通りに行うため、自由度が低いのもデメリットでしょう。

フランチャイズで新規事業を始めるには?

フランチャイズで新規事業を始める時には、最初に参入業界を決めます。その次に、興味のあるフランチャイズ本部の説明会に参加し、話を聞きましょう。書類選考や面接を受けて、加盟できるか決まります。また、開店資金を用意することも必要です。フランチャイズが資金援助をしてくれる場合もありますが、多くの自己資金があった方がいいでしょう。フランチャイズに加盟して開業場所が決まったら、本部の指示に従って開店の準備をします。

脱サラして自分で事業を営んで行きたい方は、フランチャイズ募集に応じるのも有効な方法の一つと言えます。