詰まりを解消!トイレのトラブルには裏技を使おう!


ラバーカップを工夫して使う!

トイレが詰まってしまった時は、なんとかして詰まりを直さなければなりません。そんなトラブルに対処するために、トイレ内にラバーカップを設置している家庭も多いでしょう。ラバーカップは詰まりを直す際の必需品として多くの人が使用してはいるものの、汚水が飛び散ってしまうことも多く、使い方にはちょっと工夫が必要です。大きなビニール袋で便器自体を囲ってから、便器中央に当たる位置に穴を開けて、その穴からラバーカップを差し込めば、ジャブジャブやっても汚水が飛び散らずに済みます。

とりあえず時間をおいてお湯を注ごう!

便器の排水口に大量のトイレットペーパーが流し込まれた時などは、配水管が塞がれてしまいます。トイレ詰まりは汚物やトイレットペーパーによって、配水管が塞がれることで起きる場合がほとんどなのです。時間をおけばトイレットペーパーが自然に溶けてくれる場合もあるので、時間おいて様子を見るというのも一つの方法です。冷たい水が逆にトイレットペーパーを固めてしまうこともありますので、時間を置いてもダメならお湯を注いでみましょう。温かい温度によってトイレ詰まりが解消される場合も多々あります。

最終手段として使う重曹とお酢!

ラバーカップを使ってもダメ、時間をおいてもお湯を注いでもダメだった場合でも、あきらめずに最後の方法を試してみましょう。最後の手段としては、重曹とお酢を使う裏技もあります。重曹とお酢を混ぜ合わせることで、詰まっているトイレットペーパーや汚物を柔らかくすることが出来ます。重曹とお酢は溶けやすいようにお湯に混ぜて使いましょう。お湯自体に固まりを柔らかくする効果がありますが、重曹とお酢を混ぜると更なる効果が期待出来ます。

水回りのトラブルの中でも特に緊急性が高いのがトイレのつまりであるため、多くの専門業者は365日24時間体制で対応を行ってくれます。